sk-golf

/sk-golf

About sk-golf

This author has not yet filled in any details.
So far sk-golf has created 44 blog entries.

SKG開場から50年

10月7日、葉山国際カンツリー倶楽部にて開場50周年記念ゴルフコンペが行われた。 SKGにとって記念すべき大きな節目となる今年の同コンペ。 当日は見事に晴れ、早朝から120名ものSKG会員が一同に集まった。 そのうち女性は34名。下は31歳の方から上は88歳のご高齢の方まで。 老若男女、性別問わず多くの方が参加した。 特に今年は女性の参加者が3割と、例年よりも多い。 葉山国際カンツリー倶楽部には「ダイヤモンドコース」と「エメラルドコース」の2つがあり、参加者はどちらかのコースをラウンドする。 ボールがホールを逸れた瞬間、喚声や驚嘆の声があがる。 葉山国際カンツリー倶楽部は高台にあるため、東京湾や相模湾、房総半島や江ノ島も見渡せた。 海の眺望。大自然に囲まれ、海に向かってボールを打つ。 [...]

2019-10-23T11:47:41+00:0010月 23rd, 2019|SKGブログ|

PGAジュニアリーグレポート

7月からスタートしたPGA ジュニアリーグ・千葉ディビジョンも大詰めとなり、最終戦が9月23日、千葉のオークヒルズカントリークラブで行われた。 開幕戦の記事はこちら↓ https://sk-golf.co.jp/pga%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0%e9%96%8b%e5%b9%95/ 今月9日未明に関東地方を襲った台風15号の影響で、同コースも復旧、営業再開までに10日間を要し、最終戦当日も倒木など爪痕が多く残っていた。 それにしても本当に凄まじい自然災害となってしまった。 千葉県内のゴルフ場もその多くが被災し、SKGと日頃よりお付き合いの深いコースも例外ではなく、担当の方と数日連絡が取れなかった時は本当に心配だった。 そんな中、ジュニアゴルファー達が見せる明るい笑顔は、被災した同コースに元気をもたらしたのではないだろうか。 ジュニア達もテレビやSNS等で千葉の状況を把握していて、ゴルフが出来ることの喜び、そして感謝の気持ちをそれぞれに口にしていた。 さて、岩室監督率いるチーム神奈川であるが、初心者中心のメンバー達も、大会を通じて多くのことを学び成長を続けてきた。 [...]

2019-09-26T05:29:29+00:009月 26th, 2019|SKGブログ|

ゴルフに効果的なテーピングとは?

「90歳になってもゴルフを楽しもう」を合言葉に、ゴルフライフに役立つ健康情報の発信やイベントを開催しているプロジェクト90。 今回は、筋力サポートや関節可動域の向上、筋肉疲労の回復など、使い方によって様々な効果が得られると話題の穴あきテーピングシート「リカバリ」の実演レクチャー。 年配の方からスクール生など、40~70歳代の方々、計20数名が体験に参加。特に身体のどこかに痛みや気になるところがあるという方の参加が目立っていた。 参加者の方の感想。 ・肩を痛めてしまってから腕を上げるのが辛かったがシールをはったらスムーズに上げられるようのなった ・簡単に貼れるから、煩わしくなくて良い ・肩の可動域が広がった気がする ・シールがカラフルで格好いい など。 講師(リカバリのスタッフ)の方の話では、「このシートは気になるところに貼るだけで動きをサポートするので、専門的な知識がなくても気軽に使用することができます。一番の特徴は、シールにある穴。体を動かすことによってこの穴の一つ一つがマッサージと似たような効果を生み出し、血流をよくします。テーピング効果とマッサージ効果を両立しているシートです。簡単に貼ることができますので、一度お試しください!」 [...]

2019-09-26T05:56:58+00:009月 16th, 2019|SKGブログ|

PGAジュニアリーグ開幕

PGA ジュニアリーグ・千葉ディビジョン地区開幕戦が7月21日、千葉のオークヒルズカントリークラブで行われた。 リーグ開幕にあたり、年明けから始まった各チームの監督・選手募集で、神奈川県はSKG所属の岩室智章(としゆき)プロが監督に、小林大介プロがコーチにそれぞれ就任。選手団はSKGジュニアスクールの生徒12名で結成された。 今大会は、近隣エリアを含む6チームが結成され、開幕戦で初顔合わせ。 ジュニアリーグの選手は、9歳から13歳までの男女で、1チームは最低6名で構成される。水色とオレンジいずれかのチームユニフォームには、背中に名前と背番号がプリントされている。 ペア戦、マッチプレーにて、勝ち・負け・引き分けでポイント数が変わり、1ホールごとにポイントを重ねることが、最終的にチームの優勝につながる。 岩室監督は、大会に初心者を中心としたチーム編成で挑んだことについて、「この大会は勝ち負けももちろん大切だが、それ以上にゴルフの裾野を広げることや、団体戦で力を合わせるという経験をジュニアゴルファーにさせてあげることが目的だ。」と話す。 ペアで、狙い目などの戦略を立てたり、協力して情報収集をしたり。チーム一丸となってひとつずつポイント獲得を目指す。「ナイスショット!や「ドンマイ!」と、エールを送り合う声は、ゴルフ場に新たな風が吹いたことを感じさせる。 残念ながらチーム神奈川は上位に食い込むことは出来なかったが、子供達の喜ぶ姿は未来のゴルフ界を照らす小さな光のように感じた。 試合後の岩室監督の談話。 [...]

2019-07-22T23:52:01+00:007月 22nd, 2019|SKGブログ|

なぜ?タイ人がいる練習場
タイマッサージリニューアル

SKGの打席入口付近にひっそりと店を構えるのは、タイマッサージ店「ヒランヤハッタリーラ(以下、ヒランヤ)」。 とても複雑なネーミングだが、タイ語で、腕でするマッサージという割りとそのままな店名である(笑)。 ヒランヤがオープンしたのは2015年6月。この度4周年を迎え、店内を全面リニューアルした。 店長のシリポン(写真左)は米軍の方と結婚した経歴があり、以来、日本で長く暮らしているため日本語も堪能。同じく日本人と結婚をしたビーさん(写真右)と二人でこの店を運営している。 タイ古式マッサージは、日本の一般的なクイックマッサージとは違い、リラクゼーションではなく根本治癒を目的にしたタイ古来の文化的なもの。 ここヒランヤでも、練習後はもちろん、練習前のストレッチの意味も兼ねて施術を受けるゴルファーが多数いる。 失礼な言い方ではあるが、バンコクの街中にあるいわゆる雰囲気だけのお店とは違い、しっかりと技術を学び続けてきた彼女達の腕前が人気の秘訣である。 料金も基本が70分4,000円と、とても利用しやすく設定されていて、さらにリニューアル記念として1,000円OFFを実施する。 6/21~の1週間、是非お試しいただきたい。 店内の備品もタイで買い付けた本場のもの。 [...]

2019-06-12T10:08:44+00:006月 12th, 2019|SKGブログ|

BLUE TURFのパターフィッティングについて

こんにちは! BLUE TURF店長の菊地です。 今回はBLUE TURFのパターフィッティングをご紹介します。   今年1月よりBENOCKのパターの取り扱いを始めるにあたり、より高度なパターフィッティングを行えるように、京都にあるBENOCK本社にてノウハウを学んできました。     パターフィッティングは、クラブフィッティングに比べるとまだまだ認知度が低いですが、実は14本有るクラブの中で最も重要なクラブになります。 [...]

2019-06-07T03:23:12+00:006月 7th, 2019|BLUE TURF|

BLUE TURFのフィッティングについて

こんにちは! BLUE TURF店長の菊地です。 当店の最大の売りである「フィッティング」 とはいえ、まだまだ多くのゴルファーの方々にとって馴染み深いとは言えません。 今回はこのフィッティングの素晴らしさをもっと知っていただくために、少し詳しくお話をいたします。 BLUE TURFのクラブフィッティングは、まずシャフト選びからスタートします。 テスト用のヘッドにシャフトをセットして、どのシャフトが合っているのかチェック。 シャフトは約100本用意していますので、試打を繰り返しながら徐々に絞りこんでいきます。 [...]

2019-08-29T06:57:18+00:006月 7th, 2019|BLUE TURF|

BLUE TURF ホームページリニューアルオープン!!

こんにちは! BLUE TURF店長の菊地です。 この度、ホームページをリニューアルいたしました。 https://blueturf.sk-golf.co.jp/ 今までのホームページよりも、クラブの選択がわかりやすくなり、シャフト、グリップを選択できるようになったことで、オーダーしやすくなりました。 さて、ホームページ変更に合わせて、ブログも新しく開設します。 こちらのブログには、BLUE TURFで扱っている商品のこと、組み立て内容、フィッティングについてなど、ちょっとコアな内容にしていく予定です。   [...]

2019-06-07T08:40:52+00:006月 7th, 2019|BLUE TURF|

人生100年時代を楽しく過ごす。
プロジェクト90イベント報告

90歳になってもゴルフを楽しもう!を合言葉に展開している「プロジェクト90」、今回5月26日は介護分野において長年に渡って現場に従事され、また認知等の症状への理解を広めるための講演活動をされている今澤先生をお招きしてトークイベントを開催させていただきました。 今澤先生、めちゃくちゃイケメン。介護界のディーンフジオカです(笑) 今回のトークイベントのテーマは、人生100年時代を楽しく過ごすために、ご家族やお身内の方が要介護になった時にどうしたら良いのか、またご自身はどのように健康管理をするべきかについて。 とても深いテーマで、参加者の皆様はとても複雑な思いも持ちながら真剣に聴きいる、そのような様子でした。 介護が必要になる要因で最も多いのは認知症。 現在、65歳以上の7人に1人が認知症という時代を私達は生きています。2025年には5人に1人。もう、他人事ではありません。かなり身近な病です。 今澤先生は、まずは認知症への理解、どんな特徴があるのか?どんな対応が必要か?などを知っておくことが大切だと語られています。意識を向けて頂くだけでも、少しずつ認知症への理解が深まるのではないでしょうか。 現在、日本の平均寿命は男性80歳、女性は87歳。 一方、健康寿命は男性72歳、女性は74歳とのことです。 つまり、男性は約8年間、女性は約13年間、寝たきりや何らかの病に苦しんでいる可能性があると言うことです。 [...]

2019-06-03T01:21:52+00:005月 27th, 2019|PROJECT90|

世代を超えたゴルファー交流の場へ

去る5/5、6日に開催した「中学生以下無料ご招待企画」は、当初の予想を上回る多くのジュニアゴルファー達が参加してくれた。 初めてゴルフクラブに触るという子、進学してゴルフ部を目指す中学生、未就学のチビッ子…本当に沢山の子ども達でGW最後の練習場は賑わった。 まず言えることは、初めは持ち方すらわからなかった子が、数十球打っているとすぐにスイングの形が出来てくるということ。 レッスンイベントではなかったので、簡単な「やり方」程度のアドバイスしかしていないにも関わらず、どの子もあっという間にコツを掴んでいく。 3日もあれば抜かされるんじゃないか… 万年アベレージゴルファーの私はそんな不安にかられながらその光景を眺めていた(笑) 保護者の方々は、練習を見守ったり、ご自分は別の場所で練習に打ち込んだりと様々だったが、お子さんがまだ小さくてしばらく練習場に来れなかったというお母様からは、「これからも是非開催して欲しい」とのお言葉をいただいた。 ゴルフ練習場は、世の中の高齢化が分かりやすく可視化されている場所で、どの施設も新しい世代のゴルファーの取り込みを至上命題としている。そして、シニアを取るのか、若者を取るのかという議論になることも少なくない。どんな事業においても顧客ターゲット層を絞ることは重要だ。 ただ、私達SKGの考え方は少し違う。 そもそもゴルフとは他の競技と違い、上級者とビギナーなど実力が異なる者同士が、ルール上のハンデのもとに同等に競い合えるスポーツ。大人と子ども、シニアと力自慢の若者、おばあちゃんとお孫さんといった世代を超えた交流を楽しめる魅力がある。 [...]

2019-06-03T01:35:09+00:005月 10th, 2019|SKGブログ|